• 頬に手を当てている女性
  • 眼瞼下垂解消で目のトラブル解決

    ショートカット

    眼瞼下垂は先天的、後天的な原因で瞼が開きにくくなり、瞳孔の中心近くまで垂れ下がる病気です。重症な場合は手術が必要で、費用はおよそ24000円弱です。重症になると多様な症状が出て来ますので、適切な処置を受けましょう。

    Read more

    眼瞼下垂を解消の手引

    りんごをかじる

    眼瞼下垂の手術は、10万円程度の安い価格で受けることができるものであるために誰もが気軽に受けるこおとができるものである。また、手術も傷跡などが残らないものであるために、抵抗感を感じることなく受けることができる。

    Read more

    顔の悩み

    研修医

    しみやしわなどの顔の悩みは年齢によって起こりやすいですが、その中でも眼瞼下垂は症状が重くなると視界が狭くなってしまいます。眼瞼下垂は美容外科などで治療を行なうことができます。

    Read more

    目回りを整える

    めがねをかけた医師

    美容外科では、眼瞼下垂の施術を行なっています。この眼瞼下垂とは、コンタクトの装着、加齢などの理由で上まぶたが開けづらくなる症状です。眼瞼下垂になると、色々と不便なことが起こります。まず、まぶたが重く垂れているので、視野が狭くなります。そのため、物をよく見ようとするために、おでこにシワが寄ったり、目つきが悪くなります。また、まぶたが重く垂れていることで、老けて見られます。そのため、早期に美容外科で施術を受けたほうが良いです。 美容外科の施術では、まぶたの挙筋を縫い縮めることで引き上げていきます。施術の際には、局所麻酔を使用するので痛みを感じることはありません。なので、安心して眼瞼下垂の症状を改善できます。

    近頃では、美容外科で眼瞼下垂手術の失敗が増加しています。これは、眼瞼下垂の患者の増加で、手術の経験が未熟な医師も執刀するようになったからです。基本的に眼瞼下垂の手術は、経験ある医師が行うことで効果を得られます。しかし、経験の少ない医師に行われると、大きく失敗します。たとえば、左右の目の大きさが合わない、過剰に目が開きすぎてしまうなどです。このように失敗しないためには、慎重に医師を選ぶ必要があります。 信頼する医師を選ぶには、施術前に必ず担当の医師の手術した症例写真を確認することです。基本的に実績のある医師は、患者を安心させるためにモニター写真を数多く持っています。それらを確認すれば、きちんとした施術が受けられる証明になります。