• 頬に手を当てている女性
  • 顔の悩み

    研修医

    しみやしわ、たるみなど加齢によって生じる肌の変化は誰もが経験するものであり、悩みも人それぞれですが、中には日常生活に影響が出るほどの症状で悩んでいる人もいます。 その中の一つに「眼瞼下垂」という症状があります。眼瞼下垂とはまぶたの筋力が低下することによって、まぶたが垂れ下がった状態のことを言います。 人によって症状はそれぞれですが、まぶたの垂れ下がりがひどい場合は、視界が極端に狭くなり物が見えずらくなってしまったり、物を見ることに神経が集中してしまうことで頭痛や肩こりなどの症状がひどくなる人もいます。 眼瞼下垂に対しては多くの美容外科等で治療が可能で、手術によってきちんと目が開くようになれば頭痛や肩こりなどの症状も改善されます。

    眼瞼下垂の治療法はいくつかの方法がありますが、まぶたの皮膚を切除する方法が一般的によく行われている手術です。 皮膚を切除する場合は、まぶたの表面や裏側から切除し余分な脂肪を取り除いたり、まぶたの筋肉を短くしたり切除する方法などが行われますが、その人の症状に合わせて切る範囲などが決められます。 また、メスを使わない治療法としては、まぶたの内側の筋肉を結ぶことによってまぶたを持ち上げやすくするという方法もあります。 眼瞼下垂の治療では、日常生活に支障が出るほどの病的な症状と判断された場合には、保険診療が可能な場合もあります。 美容外科でも保険診療を行っているところと自由診療しか行っていないところもあるので、事前によく調べることが大事です。